2009年01月31日

明日

再告知でございます(^-^)

「バラ焼き食べ歩きツアー」明日の日曜日、午後5時に大昌園集合!

どうなるか全く予測できないため、ものすごくドキドキしてます(^^;)

とにかく、最低でも私がいます(爆)ので、お声かけください。バラ焼き食べながら、語りましょう。

お待ちしておりますm(__)m


posted by 十和田バラ焼きゼミナール at 00:00| 青森 ☁| Comment(0) | バラ焼き日記 by 奉行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

過去の検証

バラ焼きの歴史については、以前まるごと青森のなおきさんがこちらの記事で、そのルーツなどをご紹介しております。

<まるごと青森のバラ焼きのルーツ1>

まるごと青森のバラ焼きのルーツ2

活動を始めて間もないころ、この記事を見てその歴史観と分析の鋭さに圧倒。そしてなおきさんから一言。「何か歴史的な物的証拠は残ってないかな?」と。一時は歴史探索チームの編成まで話は及びました(爆)。

そんな中、私でもできる事があればと思い、後輩S君と一緒に暇を見つけて図書館へ。過去の新聞記事を片っ端からめくってみましたところ、ようやくこれが出てきました。

21675a3dc8be14b1dd72-L.jpg


2f67d4f4151519aded3a-L.jpg


昭和33年11月27日。当時十和田で発刊されていた「皆さんの新聞」の新聞広告です。この広告は、この日から3ヶ月続けられておりました。

「開店即好評!牛肉のバラ焼き[永楽] 稲生座向かい」

これが何を物語っているか?

一ついえるのは、牛肉のバラ焼きを提供するお店が既に昭和33年にはあったこと。十和田での元祖のお店を探る一つの目安となります。

もう一つ。これは推測ですが、広告がでたということで、この時期が十和田でブレイクした時期の基準となることです。

というのは、広告はその当時の人々が興味を引くものに対してお店が自分のところに来てもらうためにやるもの。少なくとも十和田市民に対して「バラ焼き」というメニューが浸透してなければ、こんな広告をすることはないと思われるためですね。

逆に「何だ?牛肉のバラ焼きって?」ということを狙ったのかもしれません。ここは当時の生き証人(大体70歳くらいの人がいいのかな?)に語ってもらうしかないでしょう。

でも、見つかってよかった(爆)。少なくとも昭和33年には十和田に存在していた事が判ったので嬉しいです。

あと、できれば十和田での元祖店が判明すれば最高!

今現在で「自分のところが・・」と言う方もおりますが、主張だけではいけません。やっぱり「動かぬ証拠」がないとね(^^)。

もっとも、本家は三沢ですので(爆)まあ、三沢の「赤のれん」さんか、三沢に居て十和田に引っ越してきたと言う「食道園」さんか、どちらかが「本家」になるのでしょうか?

ちなみに「大昌園」さんのオープンは昭和40年代前半。また、「金龍食堂」さんもそれよりちと早いくらいだと言う事。

今後は古いお店の取材なんかして、当時の写真なんかが出てくれば言う事なしですな(爆)
posted by 十和田バラ焼きゼミナール at 00:00| 青森 ☁| Comment(0) | バラ焼き日記 by 奉行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

告知 第1弾!バラ焼き探検ツアー

昨日、「バラ焼きゼミナール」のEさん(通称みっちゃん^^)とT原さんとお会いしまして、まずはみんなでバラ焼きを楽しむことをやろうかと。

ということでやっちゃいます。

「バラ焼きゼミナール主催!バラ焼き探検ツアー!!」

といっても、特に料金的な特典はございません(爆)。食べた分&飲んだ分の実費はワリカンでいただきます。ただ、一人で食べ歩くのは時間もお金もかかりますが、大人数で食べ歩くと負担が軽くなります。

そして、「バラ焼き」を食べながら、バラ焼きが好きな方だけで、バラ焼きのことを語りたい。そして仲間を増やしたい。そういう企画です。

今回は初めての企画ですので、市街地を中心に食べ歩きます。

また、集まる人数の予測がつかないため、人数次第で2軒目以降の予定が変わります。2軒目以降の予定はあくまでも予定である事をご了承ください。

それでは一番大事な集合日の時間と場所を発表です(☆゚∀゚)

集合日は2月1日の日曜日。時間は午後5時。場所は大昌園に集合!

予定としては大昌園のスタンダード&熟練の味を堪能した後、6時に食道園に移動!そして7時に韓国園か平成園に行こうかな?と考えております(いい加減ですが、趣味のサークル活動ですので許してね^^)。場合によっては、私が行った事のない店の開拓に行くかも?何が起こるかわからない(爆)

バラ焼きを愛する方々の参加をお待ちしております!
posted by 十和田バラ焼きゼミナール at 02:00| 青森 ☁| Comment(0) | バラ焼き日記 by 奉行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロの食べ歩きに学ぶ 「バラ焼きサミット?」第6ラウンド

さて、「金龍」の後に向かったのはこちらのお店。

dd31ded66398e415cf20-L.jpg


「牛楽館」でございます。こちらのお店は上質な牛さんのバラ焼きを食べさせてくれるため、私の中では常に上位にあるお店。今回お伺いしたお店の中でも上位です。こちらのお店は、是非ぶれいぶさんとなおきさんに味わっていただきたかったお店でございます。

今回お伺いしたここまでのお店+既にご紹介した「大昌園」「食堂園」「吉兆」。これが私のお勧め店舗。

このほか、「上高地食堂」「東月園」「平成園」「焼肉大将」あたりも美味しいですね(^^)

閑話休題。お店に入るとこのお店で待ち合わせをしていた私の頼れる上司K係長&後輩のS君も到着。ある意味、役所の「チームバラ焼き(爆)」。そんな3名が、食べ歩きのプロの方々からご指導をいただくと(^^)。

お店の方にバラ焼き定食(1200円)を3人前注文すると、何と「裏メニュー」の存在が(!)。「焼きそば」トッピングだそうです。

これで「バラ焼き博覧会」のときの疑問が解決。牛楽館がなぜか焼きそば入りのバラ焼きだしていると聞いたのですが、確認できずにいたので(^^;)

とりあえず普通のバラ焼き2人前と、焼きそばトッピング1人前をオーダー。

するとでてきたのがこちらの鉄鍋でございます。

c7aa996c44d279255959-L.jpg


こちらは普通バージョン。

72e1927133be9d5fcc52-L.jpg


こちらが「焼きそば」バージョン。

ここでなおきさんが一発で投入された焼きそばを「マルちゃん」と見抜くあたりはさすが(爆)。

ツユの少な目のこちらのバラ焼きは、割とすぐに仕上がります。残念ながら、私は今回もライスはパス(ρ゚∩゚) グスン。しかし、ぶれいぶさんとなおきさんはお構いなしのご様子。写真を撮ったり、動画をとったりしながらも、確実に胃袋にものを流し込んで「美味い!」と一言。

7a3cd59aa3cc9b07a363-L.jpg


そして、こちらは初体験の「バラ焼きそば(爆)」。これはいくら満腹でも試さなければいけないということで、「ブギョ〜、逝きマ〜ス!!!」

(  ̄っ ̄)ムゥこれは・・・美味いのです。美味いのですが、普通のバラ焼きを食べた後に食べたため、「?」感が。これを、普通のバラ焼きを食べないで食べてたら満足しちゃうのですが、とても美味しいノーマルバラ焼きを食べた後だと、残念な感じになってしまいます。どうしてもソースが余計に感じちゃうのです。ここのノーマルバラ焼きは、本当に絶品の美味しさのため、そうなってしまうかも?ただ、急なオーダーだったため、対処し切れなかったようなことも美人の店員さんが仰っていたので、後日確認が必要なことは間違いない(笑)。

念を押しますが、ここの「バラ焼き定食」は本当にお勧め。後輩のS君は、ここでバラ焼きの美味しさに目覚めたくらいのお店です。ただ、今回の焼きそばは、その美味しいノーマルなバラ焼きと食べ比べたら、ノーマルの方が美味しいと感じただけ。

でも、メニューとして合わないことはない組み合わせだと思います。実際に「バラ焼き博覧会」のときに「あれはあり」とか、「美味かった」ときいてました。ただ、今回はちょっとだけソースが気になっただけです。次回はまた人数集めて来て、同じ感じで試したいかなと思いました。ココのお店は、普通のバラ焼き食うために何回でも来たいので(爆)

これで6軒目。普通だったらここで終わるのですが、最後にどんでんがえ〜し(爆)
posted by 十和田バラ焼きゼミナール at 00:00| 青森 ☁| Comment(0) | バラ焼き日記 by 奉行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

プロの食べ歩きに学ぶ 「バラ焼きサミット?」第4ラウンド

馬モツバラ焼きで全員ニンニク臭を放ちながら(爆)、向かったのがこちら。

dd3f4a0c1f2ee16cc5c3-L.jpg


レストランペリカンさん。こちらは焼いて出していただける、当ブログでは「定食系」と言っているお店なんですが、こちらのタマネギの焼き加減が絶妙だったため、訪れたかったお店です。

ココは普通のサイズの「牛バラ定食」のほか、「パワー牛バラ定食」なるものがあり、とりあえず1人前ずつ注文です。

e6fc0e326e4d7f5d322b-L.jpg


ということで、メインの皿を取り出して比較。奥のほう「パワー」ですが、1.5倍くらいある?。

194bd79c63aa70ce7bf7-L.jpg


そしてライスをシェアして、オンザライス。「ブギョ〜、またまた逝きマ〜ス!!!」

ヾ(=^▽^=)ノ 馴染み深い源タレとこのタマネギの焼き締め感。最高です!かなり満腹感はあったのですが、何とか食いきりました。

そして、この後は職場に戻り、会議。これまでの登場人物のほか、K係長、国の方、DセンターのHさん、某ビール社のYさん、観光協会のKさん、「バラゼミ」の通称ハタPさんや通称ソウちゃんなども参加して、真面目に「バラ焼き」の会議。食べ歩きに参加しておられなかった方は、さぞやニンニク臭かったでしょう(爆)。会議は、ぶれいぶさんやなおきさんから、ためになる話をいろいろとしていただき、来月の最終報告に向け、非常に良い内容になったと感じました。特に、私を除いたバラゼミの方々の熱い質問はかなり良い感じでした。

会議終了後は、なおきさんやぶれいぶさんは、前回訪れていただいた時にトラブルがあって入れなかったお店に行く模様。おやおや?そこは私がまだ調査してないところです。しかもここ何年か行ってない。これは行かざるを得ない&調査しなければ!

この時点で4軒。この後がきつかった(^^;)
posted by 十和田バラ焼きゼミナール at 01:00| 青森 ☁| Comment(0) | バラ焼き日記 by 奉行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロの食べ歩きに学ぶ 「バラ焼きサミット?」第3ラウンド

そして次の日の火曜日。

後輩のS君の運転で、まずは駅にまるごと青森のなおきさん&KUUさんをお出迎え。KUUさんとは初対面。あとで同級生とお聞きし、びっくりしました。もちろん良い意味ですよ(^^)。

その後ブレイブさんをお迎えに。車内ではブレイブさん&なおきさん&KUUさんの爆裂トーク&大爆笑の嵐。底抜けに明るいお方たちで、先日の失敗でブルーな自分がバカらしくなっちゃうくらいの勢い。ある意味、癒されました(爆)

そして、向かったのはこちら。

e23c8215081f79010060-L.jpg


十和田ドライブインさんです。

前述の4名のほか、R研究所のA山さんも合流。

こちらは市内で唯一「3種のバラ焼き」を食べ比べられるお店ということで、オーダーはこちら。

e9138ea0f43198d6db8b-L.jpg


手前から、牛、馬モツ、豚の「バラ焼き3点盛り(爆)」。

こんなことは、今この活動やってないとできない。一遍に3種類も食べれちゃうこの幸せ具合といったら(爆)。

まずはこちら。一番興味があった「馬モツさん」。

bdcf7dde84ddeca020ad-L.jpg


aa087612bc0764220e88-L.jpg


写真を良く見ていただければ、真ん中に強烈な物体がたっぷりとかかっているのがわかるかと(爆)また、タマネギのほか、キャベツが敷いてあります。ご飯にも載せずそのまま逝ってみましたが、チョ〜強烈(爆)。ニンニク大爆発です。

次にこちら、「豚さん」。

2cbdbb87040c607e8109-L.jpg


c2b6a15fce47d6707961-L.jpg


豚さんでバラ焼きをやるとちと困るのが、「脂」。牛さんのバラ焼きに比べて多少のしつこさを感じてしまうのですが、こちらのお店のは全くそんな事はなし。むしろ上品な豚さんの美味しいところをいただいた感じ。こんなにくどさのない感じの豚さんのバラ焼きは、「味盛」さん以来かな?

最後にこちら。王道の「牛さん」です。

3aa6465e7bcd6e3d0875-L.jpg


85052af0e14ea8c5e016-L.jpg


やっぱりキングには敬意を払ってこうしないといけません。

2d0e5f1315863acf610c-L.jpg


バラ焼きオンザライス&一味!!そんじゃ、「ブギョ〜、逝きマ〜ス!!」

(o^∇^o)ノ いよぉっ!って感じの至福の一口(爆)。良いお肉と良いタレ、焼き締まったタマネギ、更に一味にご飯と来ましたよ。まずいわけがないですな(笑)

それぞれのお肉でタレが違い、また入っている野菜や薬味も違い、お店の工夫をひしひしと感じる事ができました。こんな経験、そうそうできないなと思えるとほんと幸せ者です(^^)。しかし、馬モツのニンニクは相当強烈ですので、注意が必要です。美味しいのですが、TPOを考えてからいただきましょう(爆)

と言う事で3軒目。んで、お昼も一軒で終わらないのですな(^^;)
posted by 十和田バラ焼きゼミナール at 00:00| 青森 ☁| Comment(0) | バラ焼き日記 by 奉行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

プロの食べ歩きに学ぶ 「バラ焼きサミット?」第2ラウンド

サフランをきっちりこなした後は、こちらのお店。韓国園さんです。

740c6b0f630b892d3a90-1024.jpg


前回、私はサフランと大昌園お勧めと書きましたが、こちらのお店もお昼からやっているため、非常に紹介しやすいお店の一つですね。

実はバラ焼きはお昼に弱い(爆)。これまで市街地では3軒(大昌園、東月園、韓国園)しか、お昼の営業はなかったのですが、「とん喜」さんとか「レストランとわだ」さんとかがメニューに加えてくれたおかげで、お店を紹介しやすくなってます。
ありがたいことです。

そして、ブレイブさんと「バラゼミ」一同とのトークが炸裂する中、2人前のバラ焼きが到着。

a0e74c0c489ece1fa5ae-L.jpg


到着後は、いつものように焼締めにかかります。火の勢いを強くしたせいか、さっきのサフランさんに比べると全然早くに焼き締まっちゃいました(爆)

b71d8cf9e0f0466e9688-L.jpg


こちらのは以前も書いたのですが、「ピリカラのミソ」がポイント。また、ダシというか、タレにトリガラスープを使っており、焼き締めると普通のバラ焼きよりもあっさり感があるのですが、かみ締めて味わうと複雑な味わいになり、最高です。

既にお気づきの方がいらっしゃるかもしれませんが、例のヤツはこの時点でなし(爆)サフランで丸々1膳ご飯をいただき、ビールも飲んでて完全に満腹でした。

しかし、珍しい事にブレイブさんも勢いが(!)。何でも前日に八戸を喰い尽くしてきたそうで(爆)、さすがに一杯一杯だった模様。

ここで、とりあえず記念撮影です。意味わかりませんが(^^)

bf3c73d650412cd0c250-L.jpg


なんとなく全員目隠しで(爆)。私なぞは既に隠している意味はないんですけどね(笑)
posted by 十和田バラ焼きゼミナール at 03:00| 青森 ☁| Comment(0) | バラ焼き日記 by 奉行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロの食べ歩きに学ぶ 「バラ焼きサミット?」第1ラウンド

選挙でほとほと疲れ、月曜の昼間はお休みをいただいていた私。実はこの日の夜、あるお方が十和田入りなさると言う事で、英気を養っておりました。

そして、いざ出陣。すっかり「バラゼミ」の活動で仲良くなったY氏(通称:なぜかえっちゃん?)のお店で、これもまたバラゼミ活動当初からのお付き合いのT氏と一緒に、日本食べある記のブレイブさんと、バラ焼きのマーケティング調査を担当してらっしゃる某R研究所のA山さんと合流です。

まず一発目に向かったのはこちらのお店。サフランでございます。

3ee07f2bc85531559906-L.jpg


こちらのお店は、味もそうなんですが、昼間のランチサービスの内容やお姉さまの接客などを総合的に考え、私が一番にお勧めするお店。

大昌園もお勧めしますが、こちらは味のほか、あのお店の雰囲気プラス匂いですね(爆)。どちらのお店もお昼からやっており、連れて行きやすいお店なんですよね(^^)

あ、そうそう言い忘れておりましたが、なぜ、結構な人数が集結しているかと言うと、このあとの「食べ歩き」のため(爆)。ブレイブさんというお方は食べ歩きのプロ(爆)。日本中のいろいろな食べ物を、ご自身のブログ内で、それはそれは凄い数をご紹介なさってます。そんなブレイブさんですので、一軒食べて満足?ありえない(爆)。一番最初の出会いの時に「この人数だったら3軒いけちゃいますねw」の一言が衝撃でした。

余談ですが「日本食べある記」では、嬉しい事に直近(2009年1月19日現在)で、十和田の「食堂園」&「吉兆」をネタに4連荘の十和田記事。ありがたいことです(泣)

そして、注文。ボリュームを考慮して3人前にしといたのですが、お店のサービス精神が炸裂し、ご飯その他はきっちり人数分出てきました(爆)。

cc8c9282be16e395f7be-L.jpg


サフランの素晴らしいのはこのボリューム。3人前どころではないでしょ、これ(爆)。そうそう、私が言った当初でも良いお肉を使っているなと感じていたのですが、どうやら更にお肉がグレードアップしたようです。

8cacbde4987d97677cc0-L.jpg


気のせいかも知れませんが、以前よりツユダク感が増したかも?タマネギがたっぷり入っているせいかもしれませんが、なかなか「焼き締まらない」。むう。しかし、もしお昼にここら辺で手を出そうとすると、件のお姉さまから「こげる直前が美味しいのよ」とツッコミが入るので、我慢です。

ココまで行ったらオッケーでしょう。ということで、オンザラ〜イス!ついでにキムチものっけちゃえ!

f11192cc1b3f72fcbedc-L.jpg


そしてご唱和願います(爆)「ブギョ〜、逝きマ〜ス!!」

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

実はこの間の@なまてれの撮影の時、こちらのバラ焼きを使ったのですが、私は焼くだけ焼いてて食べなかった。それを思い出し、何か復讐した気分です( ̄ー ̄)ニヤリッ

反応は上々でしたが、ブレイブさんからは、「あんまりツユダクすぎると味が濃くなりすぎるのでは」とツッコミが。う〜ん、食べだしのタイミングをものによって見極めなければいけないということです。また、当初は「ある程度焼けたところで食べだし、火を弱めてつけておくと味の変化を楽しめてよし」みたいなことも書いてたっけ(^^;)。

そこら辺は、これからの修行です(爆)

ということで、1軒目を終え、2軒目へ突入。

このシリーズ、とんでもなく長くなりそうな気が・・・(爆)
posted by 十和田バラ焼きゼミナール at 02:00| 青森 ☁| Comment(0) | バラ焼き日記 by 奉行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バラ焼きサミット?

昨日から本日にかけて、日本食べある記のブレイブさんや、まるごと青森のなおきさんとKUUさんが十和田に。

バラ焼きの案内をしながら、今後の展開や、ブログをやっている上での悩みなどの相談にのっていただきました。

いろいろあってかなりブルーだったのですが、立ち直れました。皆さんありがとうございますm(__)m。

しかし、アソコまでバラ焼き食べたのは初体験。何しろ、2日間で7軒(!)回りました。

詳細については、明日(と言うか本日の夜)にでもお伝えします。
posted by 十和田バラ焼きゼミナール at 00:00| 青森 ☁| Comment(0) | バラ焼き日記 by 奉行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

新たな提供店

せっかく教えていただいたので御紹介。

十和田市内でもよく知られている「とん喜」さんと、「レストラン十和田」さんでもバラ焼きを始めたそうです。

いや〜、大変良いこと。こんな感じで提供店が増えてくれれば、調査にも力が入ります。

ただ、「市内コンプリート」は提供店が増えるたびに、ちょっとずつ遠のく(爆)。

是非調査に行きたいのですが、選挙の真っ最中で、終わるまで動けそうにない。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

あ〜、早く選挙終わらないかな?
posted by 十和田バラ焼きゼミナール at 00:00| 青森 ☁| Comment(0) | バラ焼き日記 by 奉行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする